融資付賃貸用住宅物件とは

将来の人生設計を考える上で社会的信用度の高い不動産に投資をする不動産投資を行うことが増えているのですが、確かに不動産は社会的信用度が高いのですが高いからこそ所有するときには様々なルールが科されていることを知っておかなければならないと言えます。その不動産投資で所有する際に、最も気をつけなければならないことがその物件が融資付賃貸用住宅物件の場合です。融資付賃貸用住宅物件というのは家を建てるには元々土地を持っている人から投資で譲り受けることから始まります。そのうえで譲り受けた土地に建設企業に依頼して家を建てる際の料金を査定してもらい、その資金で足りない部分を銀行に融資してもらってローンとして組みたてて資金にめどが立ったら建設企業に再び依頼して立ててもらうという順序となります。この順序でも良いのですが個別ずつで行わなければならないため手間も費用もかかってしまうデメリットがあり、そこであらかじめ建設業者や不動産会社と金融機関でお互いが提携して建築している物件を購入することを融資付賃貸用住宅物件と言います。この融資付賃貸用住宅物件のメリットは個別で行わなければならなかった順序を提携で一括にまとめてあるので手間がかからないのと、建物を建てた後に必要になる住宅ローンには様々な保険などを再び個別で行わなければないのをまとめてあるので個別で行うよりも料金サービスで安くなることです。ただ融資付賃貸用住宅物件はあくまでそこに自分が住むということを念頭に置いている仕組みであり、それを他者に譲り渡すことを目的としている不動産投資だと注意が要ります。不動産投資をするということは支払う個人が業者と同等の位置にいる人間になることを意味し、その業者となった個人には顧客対応力や財務状況そして収益性の高い物件の開発とその施工能力といった投資とは全く関係ないはずのスキルが必要になるのです。この基準を満たしていないと融資付賃貸用住宅物件を購入する際に必ず通る道の銀行の融資が受けられないということが起きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>