投資用マンション売却の際のポイント

penkeisan

賃貸経営のためには手に入れたものの、十分に儲かったから、あるいは次の物件を購入するための頭金にしたいから、などといった理由で、マンション売却を考えている場合があるのなら、知っておくべきポイントがいくつかあります。

まず、マンション売却をするのなら、不動産会社に査定を依頼することになるのがほとんどですが、必ず複数のところに見てもらうようにする、ということが大切です。何社かの査定額を聞いているうちに、大体の相場がわかってくるので、極端に安い値段で手放して後悔する、といったようなことにならずに済みます。
マンション売却をする際には、当然内見に来てもらうことになるわけですが、どうせ手放すから放置しておいても一緒だと考えてはいけません。

あまりに汚い部屋だと、それだけで印象が悪くなりますし、最悪の場合は、見向きもされないことも決して珍しくはありませんので、内装の傷みが激しい、あるいは時代遅れ、使い勝手が悪いというのなら、リフォームといった手を加えておくことにより、予想以上の値段で売れたりする場合もあるので、検討しておくと良いでしょう。

新聞などを見ていると、たまに所有している物件とほぼ同じ間取りだったり、似たような立地条件のものが売りに出されているというチラシが入っていることがあり、いくらで出ているのかといったことが参考になるので、ぜひとも取り置きしておきたいものです。

マンション売却のために、不動産会社はあらゆることをしてくれますし、わからないことや不審な点があるなら何でも相談しておけば、力になってくれるのは間違いありませんが、だからと言ってすべてを任せっきりにしてしまうのは、あまり良いとは言えません。知り合いに不動産売買に関して詳しい人がいるのなら話を聞いてみるだけでも勉強になりますし、もしかすると買い手を紹介してもらえることもないわけではありませんので、契約が成立するまでは、積極的に行動するようにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>