不動産投資と生命保険の関係

金融機関で融資を受けて、マンションやアパートなどを購入した場合には、必ず団体信用生命保険への加入が義務付けられています。団体信用生命保険とは、住や不動産を購入する際にローンを借り入れた本人が死亡したり、高度障害になった場合に、借り入れをした金融機関が残ったローンをすべて支払ってくれるというものです。一般的な生命保険とは異なり、保険金の受取人は、住宅ローンの債権者ではなく金融機関になっていますので、借金はなくなり、不動産だけが残るといことになります。例えば、ご主人の名義で不動産を購入し、ローンの支払い途中にご主人が急に亡くなったという場合には、奥さまやお子さんにローンの支払い義務はなくなり、不動産だけが残りますので、残された奥さまやお子さんに対する「生命保険の代わりになる」ということになります。ここで、注意をしておきたいのは、もしも団体信用生命保険へ加入をするのであれば、現在加入している生命保険の見直しをしておくということです。もちろん、重複して支払っても、生活に余裕があるので問題ないというのであれば見直す必要はありませんが、せっかく保険料を支払うのであれば、効率の良い内容のものに変更することをおすすめします。団体信用生命保険に加入している場合は、「死亡または高度障害状態になった場合」のみが保険金支払いの対象となりますので、病気やケガなどでの入院や通院の場合には、支払いの対象外となります。そのため、ご主人が病気やケガをして入院などをして収入がないという場合にも、ローンの支払いはしなければなりません。そのような際にカバーできる保険は必要となってきます。また、ご主人が就業できなくなった場合に、ローンの返済をサポートしてくれる保険として、「住宅ローンサポート保険(長期就業不能所得補償保険)」というものもあります。同じ保険料を支払うにしても、保険内容を充実させてリスクをカバーしていくことは、不動産投資の際の基本となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>