不動産売却における仲介と買取の違い

iekagidoa

不動産といえば高価な資産の代表格で、その取引は多くの人にとって年収の数年分に相当する高額な取引です。
マイホームの購入を人生の目標の一つにしている人は少なくありませんが、不動産売却の経験をする人はさらに限られています。
不動産を購入するときは、売り出されている物件の価格や実物を確かめて取引をする子Tができますが、不動産売却では価格をはじめとした様々な条件を売主が自分で決めます。

売主が決めた価格で、買いたいという人がいれば取引が成立するし、価格が高ければなかなか買い手が現れません。
少しでも高く売りたいのは誰でも同じですが、買い換えの場合や、売却したお金が必要な場合など、時間をかけることができない場合は価格を抑えても早期売却をしなければならない場合もあります。

不動産は一物一価といって、建物の設備や設計が全く同じでも立地が違えば価格が変わるし、価値が同じものは二つとありません。
一方、一物一価と矛盾する言葉ですが、一物多価という言葉があって、同じものでもタイミングが違ったり、高くてもほしいという人がいれば価値が上がることがあるため、正しい時価とは、実際に取引が成立した金額そのものということもできます。

早期に確実に取引が成立するということは、高く売れるかもしれないけれど、売れないかもしれないという場合と比べて、長所と短所があります。
不動産売却で確実性を見込むなら、不動産会社に買い手を募集してもらう仲介よりも、不動産会社が指定した金額で買い取る、不動産買取を利用するという選択肢があります。

仲介の場合、買い手がローンを利用しようとしてローンが使えないなど、資金調達の問題で取引が不成立になる場合もありますが、買取りならば、合意した金額で早期に確実に資金調達が可能です。
その他には、不動産業者が買い取る場合、瑕疵担保責任が免除される、買い手との直接取引となって仲介料が要らなくなる場合があるなどのメリットがあります。

仲介の場合は自分で売値を決めて買い手を待ちますが、買取りの場合は買い手と同意した金額になるので、一般的には低い金額になりますが、価格差を上回るメリットを感じたら利用価値があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>